MENU
ストック制作

Frescoで描いたイラストをIllustratorでベクター素材に変換する方法

こんにちは。かとみさ(@KatoMisa3)です。

水彩画のアナログイラストをAdobe Illustrator にベクター画像として取り込む動画を見つけ、Adobe Fresco でもできたらいいなと思ったら、、できた!

ということで、このブログでは手順を簡単にまとめます。水彩画の絵具や色鉛筆等画材がない!でも手元にiPad はあるの!という方はよかったらお試しください。

こんな方におすすめ
  • 絵具や色鉛筆等、アナログの道具がない
  • iPad だけでストックイラストを製作したい
  • 自身の手描き絵をデジタル素材として Illustrator で使いたい

iPad 利用を前提にしています。Adobe Illustrator をデスクトップ版でご利用の方は一部図解の画面が異なります。ご了承ください。

利用するツール

下記の2種類のツールを使います。

  • Adobe Fresco(無償)
  • Adobe Illustrator(有償)

私は Adobe Creative Cloud に加入しているのでどちらも自由に使えます。Adobe Illustratorがない方はまずは契約から始めましょう。Adobe Fresco は iPad と Apple Pencil がある前提で以降、記載を進めます。

Illustratorでベクター素材に変換する方法

手順としてはシンプルです。大まかには下記の通り。「一度画像化する」がポイントです。

  1. Adobe Fresco で好きな絵を描く
  2. Adobe Fresco で JPEGデータに出力する(画像化する)
  3. Adobe Illustrator で画像データを呼び出す
  4. Adobe Illustrator でベクター化を実行する

Illustratorでベクター素材に変換する方法(図解)

先ほどの手順を図解すると、こんな感じです。

まず、絵を描きます。描いたら『画像』で保存します。図内ではクイック保存をしていますが、JPEGで画像として保存されるならクイック保存以外の方法でももちろんOKです。

次にAdobe Illustrator(AI)を起動して、先ほどの画像を呼び出します。呼び出す時にはAdobe Fresco のアートボード背景(白色)も画像として取り込まれます。絵だけを素材としてベクター化したいので「ホワイトを無視」します。

これで完成ですね。下記は適当に並べたものですが、ベクター画像として複製したり、拡大・縮小もできるようになります。

備考

色合いはシンプル化される印象です。Adobe Fresco の水彩画ブラシの場合、元がベクター形式ではないことが起因しているのでしょう。Adobe Fresco で使っているブラシによってベクター化前後で色味や印象が変わることは念頭に置いて実行しましょう。

ちなみに今回の手順はブログでまとめる前にツイートでも公開しています。不定期ですがツイッターでは気づきをこまめに発信中。よかったらツイッターも参考になれば嬉しいです。ではでは、素敵なストックライフを!