header
ブログの始め方

書籍紹介ならヨメレバ?Amazon検索の仕様変更による影響と対処策

こんにちは。かとみさ(@KatoMisa3)です。

しばらくぶりにブログの書籍紹介ページを確認していましたら、まあまあリンク切れをしておりました。理由は簡単、ツールにIDを紐づけていたもしもアフィリエイトを諸事情により解約したからです(※現在は再提携しております)。

今回は改めて再リンクする際に気づいたヨメレバとAmazon検索の仕様変更に関する対処策について記載します。同じように困っていた方のご参考になれば幸いです。

ヨメレバとは

ヨメレバとは、書籍紹介に特化したブログパーツを生成できるサイトのことです。
下記のリンクから辿れます。

https://yomereba.com/

このヨメレバを使い、かつJINのデザインにも合うようにチェックボタンを入れておくと下記のような画像付きの書籍リンクを貼ることができます。

※下記は私のお気に入り書籍。

WordPress ブログテーマ「JIN」のデザイン適用手順は、本家本元のマニュアルをご参照ください。→ マニュアルはこちら

ヨメレバとカエレバの違い

ヨメレバとカエレバは「紹介できるコンテンツ」が異なります。ヨメレバは書籍に特化しているため、生成されるリンクのうちAmazonと楽天に関しては下記の違いがあります。

・ヨメレバ:Amazon、Kindle
・カエレバ:Amazon のみ

・ヨメレバ:楽天ブックス
・カエレバ:楽天市場

実際に同じ書籍を検索してリンクを生成してみると、こんな感じです。

ヨメレバでできないAmazon検索の一部とは

書籍紹介をするなら Kindle でも紹介したいところですが、ヨメレバではできないことがあります。それは「Amazonでしか販売していない書籍の紹介」です。

例えばAmazon の direct Publishing を使って自作本をKindle上で出版したケースです。

対処策

Amazon のみで公開している書籍も紹介したい場合、ヨメレバではなく直接Amazonアフィリエイトに登録して紹介します。そもそも他で公開しているコンテンツではないため、特に支障もないかと思います。

いろいろなサイトを拝見しているとAmazonの商品を売れなくなった!というキーワードから焦りを誘導するような記事が散見されました。ことの発端はAmazon側のリンク生成ツールの仕様変更からくるものと推察されます。私自身も一瞬焦りましたが、改めて「書籍を堂々と画像付きで紹介したい」という想いから「ヨメレバ」を引き続き活用させていただくことにしました。

みなさんも焦らずまずは、自身が何を紹介したいのか?を考えたうえで書籍紹介ならヨメレバ、是非活用してみてくださいね。

ー fin ー